特定非営利活動法人百千鳥(公式ホームページ)|ももちどり|長久手市|就労移行支援|生活介護|相談支援|発達障害|精神障害

 

法人理念

 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
「ももちどり」に込めた思い
 「一本の木に、たくさんのいろいろな鳥たちが集まる様子」、このことを日本の古い言葉で「百千鳥(ももちどり)」といいます。皆さんは、この意味を聞いて、どのように思われるでしょうか?

人によっては、たくさんの鳥たちがさえずりあっている、にぎやかな様子をイメージしたり、あるいは、たくさんの鳥たちが集まる神秘的な樹木をイメージされるかもしれません。

わたしの場合は、「ももちどり」という、このたったひとつの言葉で、人によっては様々な景色や様子をイメージする、そのことこそ、この広い社会にはたくさんの人たちが、たくさんの価値観をもって暮らしていること、それを表せるような気がして、法人名とさせていただきました。

「ももちどり」という響きも、何とも楽しくて、利用者さんやご家族、地域の方々にも親しんでいただけるだろうと期待を込めました。他には、「うぐいす」という意味があります。
 
 この特定非営利活動法人百千鳥は、障がいのあるお子さんや障がいのある人が、この地域や社会で一人の人として楽しく、そして生きがいや役割を持って生活できるよう、一緒に活動していきたいと思って立ち上げました。
 
 難しく考えず、誰もが人と一緒なら、想像できる願いは叶うし、楽しく生活できるのではないか、障がいや病気にかかわらず、そんなことがたくさんの人たちと一緒になることで実現する地域社会を目指せられたら・・・どんなに素晴らしいことかと夢を描きました。
 
 「だれでもここで会えたなら、あとは夢(希望)が叶うだけ…」、
 
 一期一会をたいせつに、みなさんと一緒に「夢」を叶えられたら。。。
2014.3.31
 
 
 最近は「いろいろな鳥(人)たちが集まると、素晴らしい立派な大樹が育つ」という意味で、百千鳥という名を使っています。「素晴らしい立派な大樹」とは何か?皆さん自身の暮らしや夢、大きくは、まちや社会のことで、それが、どんどんと育ち、社会が素敵になっていくことの願いです。
 
2015.9.19
 
 
 2015から2018現在。とても長い時間、走り続けてきました。
 
 自分の人生の中で、これほど長い時間、思い悩んだり、さまざまな教訓を得た事はなかったと思います。
 
 その中で見つけた言葉「あなたの花を咲かせましょう」、これが私の見つけた、福祉のライフワークとして、座右の銘とした言葉で、今取組んでいます。
 
 その中で3つ、「人を信じること、人の意見を聞くこと、そして思いやること」、この3つがとても難しく、人としてとてもたいせつなことだと痛感しました。まだまだ自分は至らないですが、全ての人に感謝できる自分になりたいと思っています。
 
 平成の最後の年(これも何かの縁なのかもしれませんが)、障がい福祉の充実をして、長久手が優しさあふれるまちになることを願って、みらい、と名づけた福祉サービスの支援拠点を設立させていただくことになりました。
 
 冒頭の申し上げた3年間、わたしのスタッフ(信頼できる仲間たち)、地主さん、地域住民の方、ご本人、ご家族、関係の事業所さん、学校の先生、市役所の方、設計士さん、大工さん、ボランティアさん、いろんな人から温かい言葉やサポートを受けてきました。
 
 誰もが、この町の「優しさ」を、人を「信じること」を、人と「協力すること」をすることで、今を生きる子どもたちや、障がいがあっても誰とも同じように当たり前にこの町に住んでいけること、自然を護り、人の愛情を未来へとつなぐことを願っているのだと私は思いました。
 
 だから、 あなたの花を咲かせましょう そして 未来をともに創りましょう ・・・
 
2018.6.5 
 
mirai代表 竹田 晴幸
 
特定非営利活動法人百千鳥
株式会社マゼンダ
特定非営利活動法人ゆうほどう
 
「取り組みたい10のこと ~そしてmiraiへ から まちの福祉のmiraiへ~」
 
平成28年3月に、長久手市福祉の家にて、100名を超える関係者の方々に
お集まりいただき、今回開所に至った「福祉サービス支援拠点mirai」の構想を
公表し、そしてmiraiへ、というキーワードを位置づけて取り組んでまいりました。
 
おそらくは、私どもも見えないところで、たくさんの方々がサポートしてくださり、
今回の開所に至ることができたのは、いうまでもないと日々実感しています。
それは、百千鳥に対するご期待かもしれませんが、元をたどれば、まちのニーズであり、
困っている立場の方々がいるから、そういった活動をしてほしい、続けてほしい、という
期待だと真摯に受け止めています。
 
私の考えるところの理念は、「分け隔てなく誰もが参加でき、年齢や障がいの有無を問わず
対等な関係の中で、大勢でなにか取り組み、形を成し、喜びを分かち合えたら」という
想いです。まだこれを一言でうまく表現できていませんが、そんな思いで活動しています。
 
今回、新たな拠点を立ち上げることで、これまで一緒に取り組んでくれたスタッフのみんなに
あわせて、新たなスタッフの方も入ってくれ、みんなが明るく元気な様子を見て、
とてもうれしく思っています。笑顔になれる毎日が大事だなと思います。
 
開所式に、百千鳥、マゼンダ、ゆうほどうの3法人で「取り組みたい10のこと」を
発表いたしました。これからも、まちの福祉のmiraiを創る活動を、皆様と
させていただけたらと思います。また、もし力を貸してくださる方も募集しています。
ご参加いただければ幸いです。
 
百千鳥の社会福祉法人化をして、グループホームの入居者の方や親御さんやご家族、
百千鳥・マゼンダの利用者さんが安心でき、活動が永く継続していけるようにしていきたい。
現在待機されている方たちのグループホームを作っていき、気の合う仲間、
趣味嗜好の合う仲間とともに、一緒に住み替えができるよう、地域の中にユニットを増やしていきたい。
親御さんが、お子さんの近くで見守れる親御さんのホームを考えていきたい。
スタッフだけでなく、市民の仲間を増やし、困っている人や自立をしたい人も含めて、
まちの中に積極的に混ざることのできる仕組みを作っていきたい。
障がいのある人、若年性認知症のある人、そのご家族も含め、
だれもが分け隔てなく過ごせる場所づくりや、
お互いがお互いをサポートしあえるような仕組みを作っていきたい。
長久手を中心にして農業を推進し、自然を豊かにする仕組みを作っていきたい。
大学や専門学校の学生さんと協力し、全国の就労支援等の事業所と連携し、ひとつの商品づくりにチャレンジしたい。
障がいのあるお子さんが、音楽を楽しめる、療育のできる環境と、他のお子さんと交流できる場所を作っていきたい。
どんな障がいがあっても、やりがいのある、人のためになる、働ける仕組みづくりをしていきたい。
多くの障がい福祉サービス事業所、介護保険サービス事業所、長久手市役所、
長久手市社会福祉協議会、相談支援を行う各センターと連携し、福祉人材を養成し、
総じて地域福祉の向上を目指していきたい。
 
2018.8.26 
 
mirai代表 竹田 晴幸
 
特定非営利活動法人百千鳥
株式会社マゼンダ
特定非営利活動法人ゆうほどう
 
 

基本理念

基本理念
 
人の出会いと思いやりの行動

まずはやさしく、たまにきびしく、ともに笑顔で・・・

 
 まずはやさしく 
 
ひととひととの出会いは、
互いに思いやる関係から始められると良いですね。
自分のありのままを表現できる社会であったら・・・。
お互いを大切にしあえる関係を作るには、
まず優しさをもって接する出会いが大切ですね。
 

 
 たまにきびしく 
 
誰も自立することは険しい道のりです。
ときには、だれにも頼らず、
「自分で経験してみる、自分で試してみること」も
成長していく大事なステージです。
誰かがチャレンジするときには、他の人はどうすればよいでしょうか?
それは、突き放す厳しさや相手のしようとしていることへのさりげない協力も、
たまには必要です。
つまり、それを言い換えるなら、
「あたたかく見守る」ということで、思いやりの一つの形だと思います。
 
 

 
 ともに笑顔で
 
共感できれば、一緒に乗り越えていく仲間です。
やさしく、たまにきびしく、泣いて怒って、
でも最後は笑顔でともに過ごせたら良いと思います。
 
 

 
 

代表者の経歴

代表者の経歴
 
代表者の経歴

名古屋市北区生まれ、名古屋育ち

7人家族(祖父母のいる)の次男として出生。

 

高校・大学時代 テニス部所属、大学時に知的障がい児童対象・体操サークル風車に所属

保育士を目指していたものの、進路担当の方に、「少子化で男性の仕事ではない、

これからは介護だ(当時の見込み)」

といわれ、自宅の近所にできた、新設の老人ホームに就職面接を受ける。

 

平成6年 同朋大学社会福祉学部社会福祉学科卒業

     卒業後 特別養護老人ホーム 介護職員として就職(平成8年まで)

 

平成9年 さまざまな福祉現場が見たいと思い、一念発起して退職。

     元先輩、同級生、元後輩を頼り、自主ボランティア実習開始(授産施設、老人ホーム、

     在宅介護支援センター、青年教室、 養護学校の休日活動、視覚障害者団体の活動、

     宅老所など)

 

同年   愛知たいようの杜を知人から紹介される。自主ボランティア活動をお願いしたところ

     理事長さんより「自由にしなさい。」と励ましをいただき、一か月ほど、さまざまな

     現場で活動させていただいた。また、当時の在宅介護支援センターの責任者の方より

     「市内に独立した職員がいて、人を探している。」とのことで、仕事を紹介され、

     福祉の有限会社へと就職させていただいた。

 

     平成10年立ち上げ予定のE型デイサービス(当時名称)の準備、訪問入浴職員、

     塾バス運転者、夜間常駐者(認知症の方と一緒に住み込み)として勤務開始(平成25年3月まで)

 

平成10年 日本福祉大学中央福祉専門学校(夜間コース)入学

     E型デイサービス生活指導員(認知症高齢者・毎日利用型/長久手委託事業) 平成12年まで

     市内高齢者だけでなく、制度外利用として高齢者、障がい児、障がい者、放課後児童

     など自主活動で受け入れ。自主宿泊サービスも行う。

 

平成11年 社会福祉士取得・登録

     

平成12年 ケアマネジャー試験合格・研修修了、介護福祉士取得・登録

 

平成12年 居宅介護支援・ケアマネジャーとして従事 (平成22年まで)

               知的障がい対象・外出レクリエーションボランティア団体「サンサンクラブ」設立

     学生さん、社会人さんとともに活動開始

 

平成14年 サンサンクラブをNPO法人化 NPO法人ゆうほどう設立 (現在も継続中)

 

平成16年 社内に研修事業部設立

     ヘルパー講座、福祉有償運送研修、ガイドヘルパー講座を実施

 

平成20年 社内に、社内保育所設立→認可外保育施設設立

 

平成21年 長久手市指定障害者相談員 従事 (現在も継続)

 

平成24年 特定非営利活動法人百千鳥 法人登記

 

平成25年3月 有限会社を退職し独立。

 

平成25年4月 特定非営利活動法人百千鳥として活動開始。現在に至る。

 

 

(その他)

趣味:  読書、物思いにふけること、人と話すこと

 

特技:  相談すること、されること

 

座右の銘:  無知の知、修証一等、情けは人のためならず、千里の道もまず第一歩から

 

夢:    長久手で、誰もが同じように町で、元気に暮らせるようにすること

   

   「そんなに働かなくてもいいじゃないか村」を作りたい

 

   小説を書きたい

 

   いつか世界一周したい

 

     

     

 

 

 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
日​中​一​時​支​援​「​百​(​も​も​)​」​
障​が​い​福​祉​サ​ー​ビ​ス​つ​ば​さ​
特定非営利活動法人百千鳥
〒480-1103
愛知県長久手市岩作平子34番地1 レジデンス千代萬1階
TEL:0561-56-8672(代表)
FAX:0561-76-1830
------------------------------
・指定特定相談支援
・指定障害児相談支援
・地域移行、地域定着支援
・日中一時支援「百」
・障がい福祉サービスつばさ(生活介護・就労移行支援 多機能型)
・ヘルパーステーション ココ
・レスパイトせん(日中一時支援、シェアハウス、レスパイト)
・福祉サービス支援拠点mirai
    グループホームmirai
    (さや縁棟、鈴棟、林5星棟 計15名・5名×3ユニット)
    生活介護 mirai喜んと木
------------------------------
024861
<<特定非営利活動法人百千鳥>> 〒480-1103 愛知県長久手市岩作平子34番地1 レジデンス千代萬1階 TEL:0561-56-8672 FAX:0561-76-1830